上原一郎の《モダンアートミュージアム》は上原自身が1999年から2000年までの2年間で自らの手で建設したアトリエ及びギャラリーであり、この建物自体が創意に満ちた彼の〈作品〉であると言えよう。

 

 

上原一郎 プロフィール

 

 

1945年 神奈川県生まれ
1987年の「東京アメリカンクラブ」での個展以来、モスクワ、アメリカ テネシー/ロスアンジェルス/ボストン、スペイン バルセロナ/サラゴサ、オランダ、東京、鎌倉などで個展やグループ展を開催。
2003年から2005年にかけては日米のアーティストを招き、アートスペースワンにて「アートキャンプ」を毎年開催。

 

 

 

 

 

 

 

「ウエハラ イチロウ」の感性と心の声を感じていただければ幸いです。

 

 

 

望月寛子展

 

心の赴くままに線をひき、色をのせていきます。自由でのびやかな表現を目指して制作しています。

 

 

 

 

 

 

こちらは「ウエハラ イチロウ」の作品ではありません。友人が制作したアクセサリーなどを販売しています。

 

 

アートに囲まれ音楽が流れる心地よい空間。